郡山萌世 校長雑感

校長より

高校説明会

6月14日の小原田中学校を皮切りに始まった今年度の各中学校主催の高校説明会も、7月13日の宮城中学校で前半戦が終わり、残すは、7月27日・28日の中学生一日体験入学となりました。

新たな入試制度のもと、2度の入試が行われました。そのため、新入試制度については、中学校にも一定の理解ができ始めたのではないかと思っています。

しかしながら、次年度から、高校では新指導要領のもとで新たな授業が始まります。この切り替えの時期に、各高校とも、それぞれの学校の特色化・魅力化に努めています。そのため、今年度の高校説明会は、入試よりも、学校の特色・魅力についての説明が主となっていたではないでしょうか。本校でも、求める生徒像や特色選抜の内容だけでなく、次年度からの本校の学校改革についても丁寧に説明をしてきました。

昨年を振り返ると、6月、学校が再開され、この時期は、夏休みを含めた授業の組み直しに奮闘していたことを思い出します。ほとんどの行事が中止となり、教科書の進度を確保するために、授業だけの毎日が続きました。6、7月のこの時期、高校説明会もほとんど開催されることなく、また、夏休み中の一日体験入学も中止となり、中学校側もどのように高校の情報を集めるか、苦労なされたのではないかと思っています。

受験生のみなさん、今は自分の生き方を決めるために多くの選択肢を持つ時期です。そして、その選択を可能にするために、しっかりとした学力の裏付けを形付ける時期でもあります。

頑張れ、受験生。