郡山萌世 校長雑感

校長より

初めての考査

本日も梅雨空です。今週は梅雨らしい一週間となりそうです。

さて、定時制課程の前期中間考査まで1週間を切りました。

前期中間考査は、6月29日(月)から7月3日(金)まで実施されます。当初の予定では、6月1日からの実施予定だったわけですから約1ヶ月遅れということになります。

1年生にとっては、高校での初めての考査となります。中学校と違い、高校の考査は長期間のたたかいとなります。本校の考査は、どの考査も、5日間の日程で、多くても1日3コマとなります。計画的な学習をし、現在自分が培ってきたものを十分に発揮していただきたいと思っています。

何事においても「はじまり」は大切なものです。最初の考査でうまくいけば、それが自信となり、その後の勉強もうまく進む可能性があります。「出だしよければ、すべてよし」。1年生にとっては今後の3年間を、2年生にとっては今後の2年間を、3年生にとっては今年を、左右する大事な考査となるかもしれません。頑張ってください。

そして、3年生にとっては、進路に向けて、3年間の評定が出る最初の考査となります。評定は、進路にとって、とても大事なものです。今までの経験をお話ししますと、「0.1」に泣き笑いをするのが評定です。3年生の皆さんは、悔いの残さないように、1科目1科目、全力を込めて、最大の勉強をしてください。

最後になりますが、みなさんにアドバイスをおくりたいと思います。数学などの理数系科目では、授業中はわかるものの、自宅に帰って、また同じ問題を解こうとすると解けなくなることはありませんか。私は、高校時代、同じような経験をたくさんしました。理数科目は問題演習が大切です。一定時間の演習量をこなすことによって、「わかる」が「解ける」とつながってきます。時間がかかりますので、毎日、時間を決めて問題演習をすることをお勧めします。また、理数科目を、自分一人でやりきるには、ちょっと大変かもしれません。先生、友達にすぐに質問できる学校で勉強することをお勧めします。

All's Well That Begins Well.

学校評議員会

本日6月22日(月)、本校の学校評議員会が開催されました。

会議では、まず最初に、私より学校の現状の分析と今年の学校経営についてのお話をいたしました。現在、定時制・通信制高校の特色を一言で言うことは、非常に困難なことだと思っています。一昔前のような「勤労青年のための」という捉えで語ることができないのが、現在の定時制・通信制高校です。私からは、画一的な教育課程を打破し、個性重視、人間性重視のための学校として開設された高校が、本校郡山萌世高等学校ですと紹介しました。そして、現在、教育におけるセーフティネット的な役割、様々な困難に台頭するためのプラットフォーム的な役割も果たすことを期待されていること、そして、SCやSSWと連携しながら、生徒の抱える様々な問題と向き合っていることをお話ししました。

評議員の皆さんも、本校の教育活動を良く理解し、応援していただけるということで大変嬉しく思っております。

評議員のみなさま、本日はありがとうございました。

職業研究

昨日6月17日(水)、5・6校時目に、定時制課程2学年を対象とした進路ガイダンス(職業理解ガイダンス)が開催されました。開かれた講座は、観光、福祉、調理、美容、保育、医療関係など16講座で、自分が気になっている分野の話を2つ聞くことができるというものでした。

2年生のみなさんの中には、「進路なんて、まだまだ早い」と思っている人も多いと思います。しかし、1年はあっという間に過ぎてしまいます。先日もお話ししましたが、7月1日からは求人票の公開も始まります。私立大学では募集要項を出した学校もたくさんあります。もう3年生は、進路に向けて大きく動き出そうとしているところなのです。2年生のみなさんは、ちょうど1年前になります。少し、自分の進路を考えるには良い頃かもしれません。

ちなみに、大リーグで活躍している大谷翔平選手は、高校時代に、60歳過ぎまでの自己の未来年表を作成し、それに近づくために、今何が必要かを考え、常に目標の実現に向けて実行していたそうです。さすが、大リーガーである大谷翔平選手は、高校時代よりすごい人だったようです。しかし、世の中、そんな人ばかりではありません。私自身も、高校時代には、まだまだ、将来のことを考えられませんでした。

どんなことでも、きっかけは大切です。今回の進路ガイダンスは、2年生にとって、とても良いきっかけだと思っています。

まずは、自分自身についてもっともっと考えることが必要だと持っています。いつも、自分の悪い面ばかりを気にしていますが、良い面を探してみましょう。自分で分からなければ、周りの人に聞いてみましょう。自分が気付かない自分が、そこにはいるかもしれません。

そして、自分自身が、どのような生き方をしたいのか、真剣に考えてみましょう。周りと同じようにではなく、自分はどのように考えるかを大切にしてください。あなたの人生は、あなた自身の問題だからです。

また、各講座の講師の方より、その職業に就くために、身につけなければならない力なども話もいただいたと思います。いくつかの講座を聴いていましたが、「コミュニケーション力」は、共通に身につける必要がある力のようでした。

最後に、職業については、まだ分からないことだらけだと思います。何か、相談したいことがあったら、担任の先生に聞くのもいいでしょう、進路室を訪ねるのもいいかもしれません。それも、新たなきっかけです。

きっかけを大切にすることで、ものごとは、どんどんと深まっていきます。

がんばれ、2年生。

梅雨

昨日6月11日、福島地方気象台は、宮城、山形、福島三県の東北南部が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より1日早く、昨年より4日遅い梅雨入りです。現在、梅雨前線が日本の南岸に停滞しており、九州北部、関東甲信、北陸も梅雨入りしたということでした。

梅雨を表す言葉として「五月雨(さみだれ)」があります。5月に降る春の雨のことだと思っている人もいるでしょうが、「五月雨」は梅雨のことを指しています。松尾芭蕉の「おくのほそ道」にある「五月雨を あつめて早し 最上川」も、梅雨で流れの速くなった最上川を詠んだものです。実際、芭蕉は長雨で増水した最上川の急流を川下りしたようです。

「五月雨」のほかにも、「五月晴れ」は梅雨の時期のわずかの晴れの日を表した言葉です。

この時期の花と言えば、紫陽花(あじさい)です。特に、私はガクアジサイが大好きですが、最近、花だと思っていたものが花ではなかったことを知り、恥ずかしい思いをしました。

梅雨の時期は、雨が降り続くだけでなく湿度が高いため、ジメジメした空気とどんよりした空に引きずられ、気分が沈んでしまいがちです。しかし、こんな季節でも、花はしっかりと咲いています。傘を差しながら、アジサイなどを楽しむことも大切です。

地球はいろんなものでできている。すべてのものを楽しもう。

(新桜通りで出会ったアジサイ)

日程変更

雨が降ってきました。

少しは暑さが和らぐといいなと思っています。

さて、昨日の「進路ガイダンス」の記事で、就職は、7月1日に求人票が公開、そして、9月5日には応募書類を発送し、9月16日からは採用選考が開始されますと書きましたが、自宅に帰ってニュースを見ていたら、令和3年度の新規高等学校卒業者の就職に係る推薦及び選考開始期日等の変更についてのニュースが流れてきました。明日には厚生労働省から正式に発表される予定ですと言っていたので、本日夜のニュースでは大きく報道されるかもしれません。内容は、選考の開始を1ヶ月後ろ倒しして10月16日とするものでした。なお、学校への求人申込・公開は7月1日で変わらないというものでした。

昨日の進路ガイダンスとは、少し違った日程となってしまいましたが、昨日も書いたように、何事があっても動ぜず、自分自信を信じて、前に進むことが大切です。

今後、共通テスト関係も、日程の変更があるかもしれません。これも同じです。今やるべきことを何なのかをしっかりと考え、黙々とやり続けることです。

君たちならできる。そう、「You can do it.」です。

進路ガイダンス

本日6月10日(水)、5・6校時目に、定時制課程3年生のための進路ガイダンスが開催されました。

3年生からすれば、6月から本格的に学校が再開したばかりなのに、なぜ、こんなに早く進路ガイダンス?という思いがあるかもしれません。しかし、通常からすれば、この日程は、遅いくらいなのです。

たとえば、就職ですと、7月1日には求人票が公開されます。あと、20日間くらいで、求人票が出てくるのです。そして、求人票が出された企業の中から、自分が希望する企業を数社選び、夏休み期間中7月の終わりから8月のお盆前の間に応募前見学を行い、最終的に応募する企業を決定します。そして、9月5日までには応募書類をすべて完成し、そして、発送して、9月16日からは採用選考が開始されるのです。

本日の進路ガイダンスは、比較的大きなくくりである「就職」、「専門学校」、「大学・短大」に分かれて、それぞれの進路に進むために大切な心構え、今から準備しなければならないことなどの話を聞きました。

特に、就職関係では、実際の面接を想定し、模擬面接を実施して、細かい点まで指導を受けていました。

どの進路に進むにも、面接は、とても重要なものだと思っています。人物を実際に見るために行われるのが面接です。ですので、面接で「見た目」はとても大切です。メラビアンの法則といわれるものです。今回、就職を希望する、ほとんどの3年生は、リクルートスーツを着ての参加でした。服装としての見た目は合格でしょう。しかし、「見た目」は服装や髪型だけではありません。表情、目線やしぐさも含まれます。笑顔の大切さ、目線の落ち着きなど、まだまだ鍛えなければならないこともあります。また、「見た目」だけでなく、自己理解、企業理解も大切です。これから、多くのことを学び、高校3年間の仕上げをして欲しいと願っています。また、コロナ禍ですので、「オンライン面接」とか、通常とは違った活動を余儀なくされるかもしれません。

何事があっても動ぜず、自分自身を信じて、進路活動を行うことを、強く願っています。

履修指導

本日6月3日(水)、1校時目に、1・2年生の履修指導(次年度に向けての科目選択説明会)が行われました。

1年生はアリーナで、2年生は各教室で行われました。アリーナで履修指導を行った1年生は、密にならないように間隔を空けての説明会でした。

本校定時制は単位制を採用しているため、生徒の多様な興味・関心や個々の進路希望に対応できるようにと多様な教科・科目を用意しています。そのため、次年度に向けての科目選択が大切となってきます。履修指導は、次年度の科目の選択に際して、生徒個々の興味関心や進路希望に応じた科目選択ができるように、また、系統的な学びをするためにはどのようにすれば良いかについての説明がなされます。

今後の日程としては、6月19日(金)まで、クラス担任よる個別の面接指導を経て、次年度の科目登録が終了することになります。

本来であれば、1年生は、学校にも慣れて、単位制のシステムについてもわかり始めた時期に行われることが望ましいと思っています。しかし、今回は、新型コロナウイルスの影響で、学校再開後、すぐの日程となってしまいました。

1年生の皆さん、わからなかったことがあれば、担任の先生に相談してください。

最後になりますが、履修指導、科目登録は、将来の進路にも関わる選択ですので、将来どのような職業に就きたいのか、そのためにどのような進路を目指し、どのような科目選択をするのかなど、ご家庭でもお子様と話をしていただければ幸いです。

 (熱心に話を聞いている1年生の様子)

 

 

いま、ここ

昨日より、県内各地の高校で、本格的な授業が再開となりました。

本校も同様で、分散登校ではない、全員一斉の通常授業が再開されました。全員が同じ時間に登校しての授業は4月20日以来となります。「懐かしい」と言いたいところですが、4月に着任した私は、まだ、全校生徒と対面したことがありません。

昨日は、朝から各教室を回り、授業を拝見させていただきました。本来であれば、昨日6月1日は前期中間考査の初日のはずでした。しかし、授業がなかったわけですから、試験をやれるはずはありません。中間考査は6月下旬へ移動となっています。生徒たちは、その中間考査に向けて、熱心に学習をしていました。

どんな時でも区切りの時は、すべての人にとってとても重要なものだと思っています。

4月当初、すべての生徒たちが、新たな志を持って、学校に向かったのではないでしょうか。特に、新入生は、新たな高校生活を迎え、大きな希望を抱えての出発だったに違いありません。また、3年生も、高校生活の集大成としての時を迎え、気持ちが高ぶっていたのではないでしょうか。しかし、1週間ちょっとで、学校は臨時休業となってしまいました。

2ヶ月遅れの再スタート。さまざまな思いがあることでしょう。しかし、環境に左右されることなく、いま、ここにいる自分を大切にしましょう。いま、ここにいる自分、その自分こそが出発点です。

いま、ここから、自分自身の夢を描いていきましょう。そして、未来への挑戦を始めようではありませんか。

PTA役員会

昨日5月28日(木)、15時15分より、定時制課程のPTA役員会が開催されました。ご多忙中の中、多数の役員の方々に来ていただき、大変感謝申し上げます。

今年は、新型コロナウイルスの影響による学校の臨時休業があり、通常4月末に開催しておりましたPTA総会を開催することができなくなりました。田代PTA会長との電話での打ち合わせを重ね、異例ではありますが、書面決議のかたちでPTA総会を開催すこととなりました。新型コロナウイルスで、何かと気ぜわしい中、ほぼ、全員の保護者の皆様より回答をいただきことができました。感謝申し上げます。

昨日行われた役員会におきましては、今回の書面決議の表決結果の報告を受け、令和元年度の事業報告・決算報告・会計監査報告、令和2年度の事業計画案・会計予算案、そして、令和2年度の本部役員案について、賛成多数により承認されたことが確認されました。事務局からは、会員のみなさまより質問があった項目についても丁寧な回答がなされました。そして、学校側より、学校再開後の6月、7月の中間考査などの行事の進め方についての説明、夏休みを削減しての学習の確保についての話がなされました。

本来であれば、このような危機の中、学校と家庭が協力しながら、子供たちの成長を見守ることが大切ではあります。しかし、新型コロナウイルス対応では、「集まって」知恵を出し合うということを自粛せざるを得ません。今後も、拡大の状況をみながらではありますが、最低限の集まりで会を運営していきたいと思っております。今後も、萌世高校の発展のためにご理解・ご協力をお願いします。

バラ

昨日5月25日(月)より定時制課程で授業が再開しました。

再開したといっても、密を避けるために、分散登校をしておりますので、基本的に学校にいる生徒の数は、いつもの半分となっています。6月1日からは、通常の授業が始まります。「新しい生活様式」を心がけ、「感染しない」「感染させない」を徹底していきたいと思っています。

さて、授業とは遠い話となってしまいますが、開成山公園のバラがやっと咲き始めました。先週の日曜日は、開成山公園に出かけ、咲いたばかりのバラとその香りを楽しんできました。しばしのあいだですが、心のリフレッシュができたと思っています。

年を重ね、しだいに花を愛でるのが楽しみとなってきました。今年はあまり出かけることができなかったので、各地の桜を楽しむことができませんでした。今、ツツジ、バラのきれいな季節となってきました。歩ける範囲ということで、開成山公園などの散策を楽しんでいます。花を見ると、すっと心が落ち着いてきます。

コロナ禍で、皆さんの心には、知らず知らずのうちに、大きなストレスが生じています。みなさんも、花を楽しみ、心のリフレッシュをしてはいかがですか。