郡山萌世 校長雑感

銀世界

昨日から確かな予感がありました。

昨日の退勤時、校舎から外に出ると、体に感じる温度が確かに今までとは違っていたのです。空を見上げると、白いものがちらちらと降っており、「積もるぞ」と確信しました。

朝起きたら「やっぱり」、一面の銀世界が広がっていました。しかし、昨日からの思いからすれば、うっすらと積もった程度でしたので、ほっとしました。

こういうときは、10分前の行動だと思い、普段よりも10分前に支度を調え、いざ学校へ出発しました。しかし、考えることは皆同じで、道路はのろのろ運転、そして渋滞となり、結局、学校に到着したのは10分遅れでした。

到着後、しばらく、校長室より、今シーズン初めての雪景色を眺めていました。真っ白になった街の風景はとても綺麗です。しかし、生徒の登下校を考えると、とても危険な季節が到来したと考えざるを得ません。

生徒のみなさん、10前の行動です。余裕を持っての登下校です。

 

(しばらくすると、道路の雪は、すっかり溶けてしまいました)