郡山萌世 校長雑感

全国大会へ

本日、6校時目、本校のアリーナにおいて、全国定時制通信制体育大会へ出場する選手の壮行会が開催されました。

全国大会へは、次の部活動の皆さんが参加することになりました。

女子バスケットボール部   ソフトテニス部

陸上競技部   卓球部   バドミントン部

壮行会では、私からは、全国大会への出場を祝福し、自分を信じ、仲間を信じて、一球でもでも多く、一秒でも長く試合をし、いま現在自分が持っている力を十二分に発揮して欲しいと激励しました。また、この大会に参加することができなかった仲間の分も頑張ってきて欲しいとエールを送りました。佐藤生徒会長からは、「全国大会への出場おめでとうございます。これまで、苦しい練習を積み重ねてきたと思っています。全国大会では、持てる力を十二分に発揮して、頑張ってきてください。全校生徒で応援しています。」と激励がありました。

出場選手を代表して、陸上競技部の野口君より、壮行会への感謝の気持ちと、後輩たちにつなげるような成績を残してきたいという抱負が述べられました。

壮行会をやりながら、スポーツの素晴らしさを再確認しました。

「スポーツとは何か」と問われれば、いろいろな答えが返ってくることでしょう。

やって楽しむもの、見て楽しむものと、いろいろな答えがあります。私は「育てるもの」だと思っています。人の心を育て、身体を育て、夢を育てていくもの、それがスポーツだと感じています。

やはり、スポーツとは学びなのです。その思いを、一段と強くした壮行会でした。