郡山萌世 校長雑感

生徒会役員の活躍

今週の月曜日は、本来であれば、対面式、部活動紹介の日でした。しかし、新型コロナウイルスの影響で、全校生徒が長時間、一カ所に集まるような場面をできるだけ避けるということで、この2つの学校行事は中止となりました。

そこで、生徒会より提案されたものが、生徒会役員が各クラスをまわって、学校の概要、生徒会活動や部活動の紹介を行うというものでした。

この行事に先立ち、生徒会長の七海幸太郎くん(3年)、副会長の朴木心桜さん(3年)等が、校長室を訪問して今回の行事の内容を話してくれました。

15時10分、5校時の時間、生徒会役員による学校紹介、生徒会活動・部活動紹介が始まりました。まず、生徒会役員の一人一人の自己紹介。そして、生徒会長の七海くんより代表あいさつがありました。七海くんは、郡山萌世高校は「自由」がモットーだが、「自由」には必ず「責任」が伴い、学校をより一層良くするために、一人ひとりが現状に流されることなく、責任を持って行動することが大切であること、いい友人と出会って、最高の高校生活を送って欲しいことの2点の話をしてくれました。その後、昼間主のクラスでは、朴木さんから生徒会活動の様子、常任委員の佐藤勇太くん、松本勝輝くん、小椋愛莉紗さん、中島ほのかさんから部活動の様子が説明されました。夜間主のクラスでは、もう一人の副会長の樋口愛美さんから生徒会活動の様子、常任委員の外川天貴くん、高橋弘くんより部活動の様子の説明がありました。

説明が終わった後、役員のみなさんから新入生へ、「どんな部活動に入りたい」「生徒会をやりたい人はいる」等と質問を浴びせ、新入生の緊張を和らげていました。本当に、いい先輩だと感激しました。

生徒会役員のみなさんに、感謝、感謝です。