郡山萌世 校長雑感

考査一週間前

後期期末考査まで1週間となりました。後期期末考査は2月12日(金)から18日(木)まで実施されます。

保護者のみなさん、考査中は、午後からの登校となります。昼間主コースの生徒は、すこしゆっくりとした登校になりますが、よろしくお願いします。

今回の考査は、令和2年度、最後の考査となります。計画的な学習をし、現在自分が持っている実力を十分に発揮していただきたいと思っています。

すべてのことに言えますが、「どのように始まり、どのように終わるか」は、非常に大事なものです。最初の考査でうまくいけば、それが基準となり、その後の勉強もうまく進む可能性があります。アドバンテージを得ることができるのです。また、最後に、自分のパフォーマンスをうまく表現できたなら、次の場面でも自信を持って挑戦することができます。「ピーク・エンドの法則」と言われ、人の印象を左右するものに、「ピーク(絶頂)」と「エンド(最後)」の2点があります。そして、どちらかというと、「エンド」の方が強く印象づけられる傾向があります。「ピーク」が少しうまくいかなくても、「エンド」が良ければ、良いイメージが植え付けられるということです。つまり、「終わりよければ、全てよし」ということになります。

最後に、一つのアドバイスをしましょう。それは、苦手教科をどのように乗り切るかです。苦手教科をうまく乗り切るためには、自分一人で頑張るのではなく、仲間をつくるのが良いと思います。友達と相談しながら問題を解いたリすると、楽に前に進めます。そして、友達も分からない場合は、うまく先生方を活用するのもいいかもしれません。先輩方も、朝早く来て、良く職員室へ質問に来ていましたよ。

今週末はステイホームです。自分のため、しっかりと勉強をしてください。