郡山萌世 校長雑感

交通安全教室

先日4月21日(水)、全校生徒に対して、交通安全教室を開催しました。

昨年度は、全校生徒を集めての集会ができなかったために、交通安全教室も開催することができませんでした。この時期の交通安全教室は、通学経路が大きく変更となる新入生にとっては欠かせないものだと思っています。中学校までは、ある程度、慣れ親しんでいた地域を徒歩で通学していたことでしょう。それが、大きく変わるのが高校入学だと思っています。不慣れな場所での通学は、危険を察知することが遅れてしまい、それだけでリスクが高まります。それが、自転車通学ならば、より一層です。昨年は、そのために、1年生を中心に少し自転車事故が多かったと感じています。

学校では、自転車事故は命に関わる大きな問題として捉えています。年度当初、交通安全教室を開催して、自転車事故の回避のための啓蒙活動を行っています。また、事故が起きるたびに、生徒には自転車の乗り方について注意喚起を行っています。しかし、我々の声が、全員の生徒の心にはまだまだ届いていないと現状だと思っています。

この機会に、家庭においても、自動車を運転する保護者の目から見た高校生の自転車運転の危うさについてお話をしていただきたいと思っています。