郡山萌世 校長雑感

考査1週間前

前期中間考査まで1週間を切りました。

1年生にとっては、高校入学後、初めての考査となります。前期中間考査は6月2日(水)から8日(火)まで実施されます。1年生の皆さん、高校の考査は、中学校とは違い、長期間のたたかいとなります。本校の考査は、どの考査も、土日を挟んだ5日間の日程で組まれています。計画的な学習をし、現在自分が持っている実力を十分に発揮していただきたいと感じています。

何事においても「はじまり」は大切なものです。最初の考査でうまくいけば、それが自信となり、その後の勉強もうまく進む可能性があります。1年生にとっては、3年間を左右する大事な考査かもしれませんので、しっかりと勉強をして欲しいと願っています。

また、3年生にとっては、3年間の評定が出る最初の考査です。評定は、今後の進路にとって、とても大事なものとなります。悔いの残さないように、1科目1科目、全力を込めて、最大の勉強をしてください。

最後になりますが、勉強について、少しのアドバイスをおくりたいと思います。数学などで、授業中、先生の説明を聞いているときはわかるものの、自宅に帰って復習をしようと思うと解けなくなることはありませんか。私は、高校時代、その経験をたくさんしました。数学などの理数系の科目は問題演習が大切です。一定時間の演習量をこなすことによって、「分かる」が「できる」へとつながってきます。時間がかかりますので、毎日、時間を決めて演習をすることを勧めます。

All's Well That Begins Well.