郡山萌世 校長雑感

明日より考査

明日より前期中間考査が始まりました。

中間考査は8日(火)まで続くことになります。1年生の皆さん、考査は普段の授業とは違った時間帯で行われることになります。時間を間違いないように気をつけてください。

また、考査の時間割も、すべての生徒が一緒ではありません。1日3科目の生徒もいれば、1科目の生徒もいます。それは、本校が単位制の高校のためです。考査の時間割表をしっかりと確認し、自分が選択した科目を探して受験をしてください。

考査期間中の時間割は次のとおりです。

 1校時 13:00~13:45

 2校時 14:15~15:00

 3校時 15:20~16:05

 4校時 17:50~18:35

 5校時 18:55~19:40

考査が近づくと、生徒からは、「もっと時間が欲しい」「時間が足りない」という話を良く聞きます。それを聞く度に少しだけうれしくなります。何かに取り組みはじめ、少しでも分かり始めると「これも、あれも」と気付き始めまることになります。学びとは気付きだと思っています。気付くことが非常に大切なのです。つまり、「時間が足りない」という言葉を聞くと、何かを分かり始めたなと感じることができるので少しだけうれしくなります。

時間は、人間に平等に与えられた数少ないものの一つです。その貴重な時間をどのように使うのかを決定するのは自分自身です。一生懸命やっても、怠惰に過ごしても、同じように時間だけは過ぎていきます。そして、過ぎた時間は返ってくることは決してありません。もしかしたら、この平等に与えられた時間をどのように使うかを学ぶところが学校かもしれません。時間をどのように考えるかを考えることは、自己を磨くことだと考えています。

頑張れ。  

You can do it.