郡山萌世 校長雑感

定通体育大会、無事終了

福島県定時制通信制体育大会が無事終了しました。

昨年は、今大会が中止となり、多くの生徒が悔しい思いをしました。今年は、徹底した感染防止対策のもと、予定していた競技を無事行うことができました。今大会開催に尽力していただいた、すべての関係者の皆様に感謝を申し上げたいと思います。

今回、全ての競技会場を視察し、真剣に戦う生徒たちの姿をみて、改めてスポーツの素晴らしさを感じました。

スポーツとは、一体どのようなものでしょうか。

やって楽しむもの、見て楽しむものと、いろいろな考え方があります。

私は「育てるもの」だと思っています。人の心を育て、身体を育て、夢を育てていくもの、それがスポーツだと感じています。また、スポーツをする人、見る人、協力する人によって、そのスポーツは育てられていくのです。

部活動は、座学では身に付きにくい、心の鍛錬をする場でもあります。仲間と協力し、一つの目標に向かって、行動することも、人間として磨くことが必要な資質の一つです。そして、その部活動を育てていくのも選手である生徒たちです。部活をとおして、自分自身を鍛錬し、部活動そのものが、また、活性化していくのだと考えます。

選手の皆さん、勝敗を越え、皆さんは多くの物を手に入れています。

このことを、本日からの学習、生活へ活かしていただきたいと思っています。