郡山萌世 校長雑感

科目履修生開校式

本日4月14日(火)、13時30分より、令和2年度の科目履修生の開校式、オリエンテーションが開催されました。

科目履修生制度とは、生涯学習の一環でできた制度で、特定の資格を取得するに必要な科目を履修したり、自分自身の教養を高めるために用いられている制度です。多くの大学で採用されており、単位の修得が認められています。

単位制を採用している本校でも、人数的に空きのある科目について、毎年、科目履修生を募集しています。あらゆる人に対して学習の機会の保証をするという定時制・通信制の本来の目的を補完することを目的として継続している制度です。

今年度も、16名の学習意欲の高い科目履修生を、古典、数学、物理、英語等の7科目で受け入れました。

私の開校式でのあいさつは「お久しぶりです」の言葉からはじめさせていただきました。名簿をいただいたときから、もしかすると?という感じがしておりました。お会いして確信しました。7年前に本校に勤務していた方々が、まだ学びを継続していたのです。驚くとともに、感激しました。

学びの楽しさとは、分からないこと、できないことが、分かるようになったり、できるようになったりすることです。少し分かることが増えると、分からないことも、また、増えていきます。泉のような知の循環が始まるのです。分からないことを追い続けて、学びがどんどん増えていき、それに伴い、楽しさも増えていきます。

科目聴講生のみなさんには、自分自身のため、そして、少し学びがつらい本校生徒のために、学びの楽しさを追求していただきたいと思っています。

閉校式でお会いできることを楽しみに待っています。