郡山萌世 校長雑感

PTA役員会

本日より、二十四節気では「清明」から「穀雨」と変わりました。

「清明」は木々の若葉が一斉に芽吹き、溢れるように花が咲く頃で、「穀雨」となり、穀物に実りをもたらす雨が大地に降り注ぎ、大地は潤い、若葉がぐんぐんと育つ頃となります。本来、寒さの厳しいみちのくでは季節がずれてしまうものですが、今年は、節気に合った季節となっているようです。

私は四季の中でも春が大好きです。深く雪が積もった冬は、心が閉ざされるような感覚があります。逆に、一斉に木々に若葉が芽吹く春は、躍動感があり、「生」を感じることができます。会津に生まれ育った私は、春の木々に若葉が芽吹く風景が大好きです。風景を見て、鳥のさえずりを聞き、花の香りをかぎながら、全身で春を感じることができます。もう少し、若葉が「萌え出づる」、この季節を楽しみたいと思います。

さて、昨日4月19日(月)は、定時制課程でPTA役員会が開催されました。

昨年度は、新型コロナウイルスの影響でPTA総会は中止となりました。今年度は、感染対策をしながら、何とか実施する方向で考えたいということで、従来の授業参観は中止し、総会と学年会のみの開催でまとまりました。

PTA総会は4月28日(水)の午後3時よりとなっています。平日の開催ではありますが、多数の保護者の来校をお待ちします。

最後に、大変忙しい中、足を運んでいただいたPTA役員の皆様、大変ありがとうございました。