郡山萌世 校長雑感

読書

報道でもありましたが、5月7日(木)以降、当面の間、学校の休業を延長することが、県教委より発表されました。

つまり、5月7日からの学校再開がなくなったということです。また、しばらくの間、「ステイホーム」をお願いします。

現在、私は読書にはまっています。再開後、少しでも生徒と共通の話題を持とうと思い、2020年本屋大賞のノミネート作品を読みあさっているのです。

と言っても、老体にむち打ちながらの読書で、長時間読書をしていると次第にピントが合わなくなり、まとまった休憩を度々取る必要があるので、思うように進まないというのが本音です。

現在読んでいる本が、今年の本屋大賞である凪良ゆうさんの『流浪の月』(東京創元社)です。ちょっと気持ちが重くなってくるので思ったように進みません。同時に読んでいる本が、ブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』です。こちらは、イギリス社会の実態をリアルに知ることができ、舞台も公立中学校ということで倍以上に進んでいます。

そして、今まで読み終えたのが、早見和真さんの『店長がバカすぎて』(角川春樹事務所)、砥上裕將さんの『線は、僕を描く』(講談社)、小川糸さんの『ライオンのおやつ』(ポプラ社)です。『ライオンのおやつ』は、毎日、大号泣でした。

学校が再開され、これらの本について、生徒と話せる日を心待ちにしています。

本が好きな人は、再開後、校長室を訪問してください。