郡山萌世 校長雑感

考査3日目

考査3日目となりました。相変わらず、1年生は午前中の早くから、教室で勉強をしています。とても、とても、良いことだと思っています。

さて、折り返し地点です。1年生にとっては、長期間のテストは、初めて経験となります。疲れがどっと出てくる頃かと思いますが、あと半分、「じたばた」しながら頑張っていただきたいと願っています。

「じたばた」は、非常に大切なことだと感じています。

今まで多くの生徒に「じたばたしてください。人生の中において、種を蒔く時期、水や栄養分を蓄える時期、花を咲かせる時期、実を実らせる時期は決まっています。今は、種を蒔く時期、栄養分を蓄える時期です。今、水や栄養分を取らないと、花や実は実りません。また、人生にとって何が栄養分になるかはわかりません。ゆっくりでいいです。多くの栄養分を取っていきましょう」と言ってきました。スマートに生きる必要はありません。ゆっくり、休まず、「じたばた」しながら、前へ進んでいきましょう。

負けるな、萌世生。You can do it.

そして、本日は、3年生にとっては大切な日となります。本日から求人票が公開となりました。

3年生にとっては、進路本番が近づいてきましたといっても過言ではないでしょう。本日は、進路指導部より、進路指導に関する割当表も発表となり、3年の先生方を中心に、今後の進路指導の具体について、熱い意見交換がなされていました。考査が終われば、今度は「進路強化月間」です。就職にしても、進学にしても、面接は必ず実施されるものです。自分自身を相手にアピールする力、日本人が最も苦手とすることかもしれません。しっかりと、練習をしして本番に臨みましょう。

頑張れ、萌世生。You can do it.