郡山萌世 校長雑感

リフレッシュ

学校では、年度初めの慌ただしい行事も一段落し、本格的に授業が始まりました。

1年生にとって、この1週間は、とても長く感じられたではないでしょうか。新たなクラスメイトの中で、高校での初めての授業を受ける、考えただけでも、とても緊張し、とても疲れてしまいます。どんなに年を取っても、新たなものへの挑戦、出会いは、とても疲れるものです。疲れたときは、無理をせず、休むことが一番です。週末は、ゆっくりと休養を取ってください。心と体のリフレッシュは、とても大切なことです。そして、1年間と考えず、まずはゴールデンウィークを目指して、ゆっくりと前へ進んでみてください。

さて、何事においても、始まりは大事です。良い始まりを切るためには、漠然と努力するのではなく、具体的な目標を持つことが大切です。

考えてみてください。目的地を示されず、自由に歩いてくださいと言われたら、人はまったく動けなくなります。つまり、目標がないまま、動き出すことはとても困難なことなのです。

また逆に、すべてことに対して、目標を見つけることも大変なことです。また、すべてのことに目標をみつけようとしたら、とても疲れてしまいます。

しかし、一番良くないのは、わからないのにわかったふりをすることです。そして、惰性に流されながら、物事を進めることです。

目標が見つからない場合は、少し立ち止まり、じっくり考えましょう。小さな目標でも良いです。ちょっと先の目標でも良いです。その目標に向かって、ひたむきに頑張ってみてください。その積み重ねが、自分が目指す目的になるかもしれません。