郡山萌世 校長雑感

本屋大賞

連休中は、読書に打ち込もうと思っています。

現在、「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2021年本屋大賞」のノミネート作品を読みあさっています。

昔から、読書を趣味にしたいと思ってきました。しかし、年のせいで、年々ピント調整がうまくいかず、休憩をとる時間が長くなってきました。本当に好きなことは、やりたいときにやらないとだめだなと思っています。

さて、今年の大賞は町田その子さんの『52ヘルツのクジラたち』に決まりました。今年の本屋大賞ノミネートの作品の多くは、現代の課題について深く切り込んだものが多く、『52ヘルツのクジラたち』も、虐待、DV、ジェンダー等の問題提起がされています。本当に気が重くなり、ピント調整だけでなく、その気の重さで、読む速度が遅くなってしまいます。

今まで読み終えたのが、今回大賞を取った『52ヘルツのクジラたち』、伊吹 有喜さんの『犬がいた季節』、山本 文緒さんの『自転しながら公転する』です。そして、現在読んでいる本が、凪良ゆうさんの『滅びの前のシャングリラ』と宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』です。ちなみに、私の読書は乱読で、複数の本を同時に読むのが普通です。

読書好きな生徒の皆さん、連休が終わったら、感想をお披露目しましょう。