郡山萌世 校長雑感

説明会

昨日11月5日(木)、本校定時制課程の学校説明会が開催されました。

中学校の教員、中学3年生の保護者、併せて60名近くの参加者があり、特に今年は、保護者の参加が40名と、例年に比べても多くの参加者がありました。

お忙しい中、本校の学校説明会に参加していただき、大変ありがとうございました。

学校説明会の中身ですが、まずは13時50分より、昼間主コースの4校時目の授業を観ていただきました。この授業参観は、授業の様子を見ていただくだけでなく、ビルの中にある本校の施設を見学していただくことも目的にしたものです。また、あいさつの中でもお話ししましたが、授業参観では、授業の中身だけでなく、授業の人数も気にしてもらいたかったと思っていました。本校は単位制の高校ですので、多様な教科・科目を用意しており、学年が上がるにつれて少人数授業となっております。今回の最少人数の講座は芸術の講座で、生徒の人数は2名でした。2名というのは極端なものですが、3年生になると10名程度の講座が増えていきます。そして、今回は特色のある講座を観ていただくことができなかったですが、「手話」、「イラストデザイン」、「ペン習字」、「映像メディア文化」などの面白い講座もあります。

そして、14時45分より、全体会が行われ、本校定時制課程の概要、令和3年度の入学者選抜等の説明がありました。本校定時制課程は、昼間定時制と言われる新しいタイプの学校であり、個性や多様性を重視しています。そのために、単位制、多部制、三修制、技能審査制など、新しい制度を導入しており、それらの説明がなされました。

改めて、本校の学校説明会に参加していただき、ありがとうございます。