郡山萌世 校長雑感

2021年5月の記事一覧

考査1週間前

前期中間考査まで1週間を切りました。

1年生にとっては、高校入学後、初めての考査となります。前期中間考査は6月2日(水)から8日(火)まで実施されます。1年生の皆さん、高校の考査は、中学校とは違い、長期間のたたかいとなります。本校の考査は、どの考査も、土日を挟んだ5日間の日程で組まれています。計画的な学習をし、現在自分が持っている実力を十分に発揮していただきたいと感じています。

何事においても「はじまり」は大切なものです。最初の考査でうまくいけば、それが自信となり、その後の勉強もうまく進む可能性があります。1年生にとっては、3年間を左右する大事な考査かもしれませんので、しっかりと勉強をして欲しいと願っています。

また、3年生にとっては、3年間の評定が出る最初の考査です。評定は、今後の進路にとって、とても大事なものとなります。悔いの残さないように、1科目1科目、全力を込めて、最大の勉強をしてください。

最後になりますが、勉強について、少しのアドバイスをおくりたいと思います。数学などで、授業中、先生の説明を聞いているときはわかるものの、自宅に帰って復習をしようと思うと解けなくなることはありませんか。私は、高校時代、その経験をたくさんしました。数学などの理数系の科目は問題演習が大切です。一定時間の演習量をこなすことによって、「分かる」が「できる」へとつながってきます。時間がかかりますので、毎日、時間を決めて演習をすることを勧めます。

All's Well That Begins Well.

食育

『管子』に、「倉廩實 則知禮節 衣食足 則知榮辱(倉廩 (そうりん) 実 (み) つれば、則 (すなわ) ち礼節を知り、衣食足れば、則ち栄辱 (えいじょく) を知る)」とあります。つまり、人は生活が豊かになれば、礼儀や節操をわきまえるようになるということです。もっと言えば、生活が豊かになることによって、初めて、誇りや恥などの外見に気を配れるようになるということかもしれません。

生徒の皆さん、6月は食育月間です。

今後、食育の特集記事を見る機会が増え、アンケート等も実施されます。

生活の豊かさとは、『管子』にもあるように、食事をしっかりと食べるということが基本です。そして、それは体の成長のためにも、そして人生を豊かにするためにも、とても大切なことです。

皆さんは、朝食をしっかりと食べているでしょうか。毎年、朝食調査をすると、多くの皆さんは朝食を食べているようですが、ごく少数、朝食は食べないと言う生徒も存在します。また、食べても、ご飯だけ、パンだけという生徒も多いのも事実です。食事はバランスです。かたよりのない食事をしたいものです。また、朝は飲み物を飲むことも大事です。具だくさんの味噌汁は、忙しい朝に手軽に食べられる「おかず」だと思っています。また、くだものをプラスすることもおすすめします。

朝、良い食事をすれば、その日一日が、素敵な日となります。

みなさん、朝食をしっかりと取りましょう。

生徒総会

昨日5月19日(水)の5・6校時目に、生徒総会が開催されました。

まず、生徒会役員のみなさんに、感謝を述べたいと思います。生徒総会の資料づくりや会場準備、大変ご苦労様でした。

本日の総会では、生徒会長の佐藤勇太くんより、「昨年はほとんどの行事ができず、とても残念でした。今年は体育大会や文化祭等、さまざまな行事を予定しています。本日の生徒総会では、それらの行事、予算の承認をお願いすることになります。生徒の皆さんの率直な意見を頂戴したいと思っています。今後、コロナの状況次第で変更や中止することもあるかもしれませんが、なるべく、多くの行事を実施するためにも、全員でコロナ対策をしっかりとしたいと思います。ご協力お願いします」と挨拶が述べられました。

生徒会活動とは、望ましい集団活動を通して,心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り,集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的,実践的な態度を育てるとともに,人間としての生き方についての自覚を深め,自己を生かす能力を養うものです。現在、主権者教育の充実が叫ばれており、生徒が身近に感じる生徒会活動こそが、その原点であると言えると思っています。「自分たちで、課題を共有し、その課題解決のために仲間と協力しながら、よりよい学校をつくる」という強い気持ちを持って、違う意見にも耳を傾けながら、行動できるようになることが大切です。

生徒の皆さん、佐藤会長が言葉どおり、しっかりと感染対策をして、多くの思い出をつくっていただきたいと思っています。

こどもの日

5月5日は「こどもの日」でした。

この日、テレビをみていると、多くの子どもたちの命が奪われているニュースが流れてきました。ミャンマーでの出来事でした。気持ちがざわつきました。改めて、子どもの問題について考えなければいけないと強く感じました。

1989年11月20日に、第44回国連総会において、「子どもの権利条約」が採択されました。「子どもの権利条約」、子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約です。この条約は、18歳未満の子どもを、大人と同じように権利をもつ主体と位置づけ、一人の人間として認めています。さらに、成長過程の子どもたちを守るために、保護や配慮についても定めています。

この条約では、4つの子どもの権利を守るように定めています。一つが、生きる権利で、すべての子どもの命が守られる権利です。一つが、育つ権利で、自分の能力を十分に伸ばして成長できるよう、医療や教育、生活への支援などを受けられる権利です。一つが、守られる権利で、暴力や搾取、有害な労働などから守られる権利です。そして、最後が、参加する権利で、自由に意見を表したり、団体を作ったりできる権利です。そして、子どもにとっていちばんいい社会を実現しようとうたっています。

この条約の背景には、戦争で多くの子どもが犠牲になったことの反省があります。特に、第一次世界大戦での多くの子どもの犠牲は、1942年、国際連盟によって「子もの権利に関するジュネーブ宣言」によって、「人類が子どもに対し最善のものを与える義務を負う」ものとして表明されました。以後、1948年の「世界人権宣言」、1959年の「子供の権利宣言」、1979年の国際児童年と、子どもの問題を考え、その解決のために人類がすべきことを考えようとしてきました。

私は、「平和な社会とは?」と問われれば、「自分の夢を語り、その夢を実現できる社会」と答えます。つまり、平和でない社会とは、夢を語れない社会なのです。未来を担う子どもたちのすべてが、自分の未来について、笑顔で語れる社会を築くことが大切です。

こどもの日を機会に、再度、子どもに関する問題について考える機会を持ちましょう。