単位の認定、進級・卒業

(1)卒業するためには
 ⓵ 本校の教育課程に従い、総合的な探究の時間を含めて合計 74単位 以上修得すること。
 ② 特別活動に 40時間 以上(三年修了制課程は30時間以上)出席し、その成果が認められること。
   ただし、転・編入生は 必要年数×10時間 を基準とします。
(2)単位を認定されるには
 ⓵ レポート     すべてを期限内に提出し、評価を受けること。
 ② スクーリング   決められた時間数以上出席し、学習に参加すること。
 ③ 試験                         年2回(前期と後期)試験を受けること。
 なお、「総合的な探究の時間」については、試験を行いません。
(3)進級・卒業をするためには

今年度 1年生 2年生 3年生 4年生
修得単位数 14単位以上 28単位以上

46単位以上

(三年修了制課程は42単位以上・不認定科目は1科目まで)

74単位以上
次年度 2年生へ 3年生へ 4年生へ 卒業

※転・編入生は前籍校での単位修得状況により、この基準に当てはまらない場合があります。
(4)三年修了制課程
本校通信制課程の修業年限は原則4年です。これは、「自学自習」を柱とした学習活動の中で十分な学力を身につけるためです。ただし、学習環境や進路希望の多様化に伴い、3年間で卒業できる課程も実施しています(三年修了制課程)。三年修了制課程の履修に際しては、受講科目の大幅増による学習の負担が大きく、他方部や別日程のスクーリングに出席する必要もあることから、成績やレポート提出状況などの基準をすべて満たした上で、履修を希望する生徒にのみ許可しています。






 

レポート

     1 レポートは、1年間の学習を継続的に続けていくための中心となります。
    各レポートの『提出期限』に遅れないように、計画的な学習を心がけましょう。
    同一科目を数回分まとめて出すようなことはやめましょう。

  2 レポートの取り組み方
   ①レポートの範囲について教科書を読んでみましょう。
   ②レポートの課題にしたがって自分のノートに解答してみます。難しければ、学習書・教科書
    を読み直します。行き詰まった時には、スクーリングで質問するか、学校に電話などで
    質問してください。
   ③納得のいく解答ができたら、レポートに鉛筆(HかHB)ではっきり記入してください。
    どうしてもわからないときは、質問内容を明記し、提出してください。

  3 レポートの提出について
   ①提出する際には、自分のバーコードシールを貼り、次に「レポート提出記録カード」を記入し、
    決められた箇所にのりづけします。二枚一組ですから重ねて書いてください。
    セロテープでは貼らないでください。
   ②裏面の差出人と返送先の2箇所に自分の住所・氏名を書き、レポートを折って3箇所を
    セロテープで留めます。
   ③提出方法は3種類あります。
    ・郵便で送る。
     15円切手を貼り、ポストに入れる。100g(約レポート5枚に相当)までなら15円で
     送れます。

    ・スクーリングのときに提出する。
     切手・セロテープ留めは不要です。
    ・郡山萌世高校の通信制職員室(13階)にある「レポート入れ」に直接入れる。
     切手・セロテープ留めは不要です。
   <注意>郡山萌世高校の入り口にある郵便受けにはレポートを入れないこと。
         受け付けられません。

  4 提出したレポートは「レポートの記録」(学習の手引きp22~23)に必ず記入して
    おきましょう。


  5 レポートの最終締切り
    それぞれ下記の期日までには必ず評価を得るようにしてください。評価がもらえなければ、
    その科目の単位は不認定となります。
    前期レポートの最終締切り 9月30日(金)16時30分必着
    後期レポートの最終締切り 1月31日(火)16時30分必着 

スクーリング

 

面接校 曜日 住所 電話
郡山萌世高校 土日月 郡山市駅前二丁目11番1号 024(925)6432
福島工業高校 福島市森合字小松原1番地 024(557)1395
福島県教育センター 福島市瀬上町字五月田16 024(553)3141
白河旭高校 白河市旭町一丁目3 0248(22)2535
会津高校 会津若松市表町3-1 0242(28)0211

会津大学

会津若松市一箕町鶴賀字上居合90 0242(37)2600(学生課)
いわき翠の杜高校 いわき市内郷綴町板宮2 0246(26)2596
相馬農業高校 南相馬市原町区三島町一丁目65 0244(23)5175

  ※年度ごとに協力校が変わることがあります。
  ※学校名をクリックすると、会場協力校平面図のpdfが閲覧できます。
  ※pdfファイルを閲覧するためには、Acrobat Readerの最新版が必要となります。
 

  スクーリングには、必ず身分証明書を携帯すること。本人であることを確認できない場合、
  スクーリングカードの配付ができない、または受講できないこともあります。
   ※教科書・学習書・レポート、実技教科の準備等がない場合は、時数認定できません。
  各科目の準備品は、『学習の手引き(p30~)年間学習計画表』に詳しく掲載されています。
  必ず確認してください。

1 面接回数・時数
  定期面接は本校と上記の各地区のスクーリング協力校で前期5回・後期5回実施されます。
  各科目ごとに出席しなければならない面接時数(必要時数)が決められています。
  1時間でも不足すれば、その科目の単位は認定されません。

2 定期面接
  定期面接は日曜日(日曜面接)、月曜日(月曜面接)に実施され、いずれかを受講しなけれ
  ばなりません。
 ※定期面接に欠席する場合
   原則として1ヶ月以内に郡山萌世高校または他方部で、その科目を受講してください。

3 土曜面接
  土曜日に郡山萌世高校のみで、特別時間割によって実施されます。特別な事情があり、
  定期面接を受講できない生徒が「土曜面接受講願」を提出し、認められた生徒に限り
  受講することができます。
 ※不足時数補充のための受講は認められません。

4 放送視聴による面接指導の一部免除
  放送を視聴し、「放送視聴報告票」を提出することにより面接指導出席時数の
  一部として認められます。


5 特別活動
  ①卒業するためには、一定時数以上特別活動に参加しなければなりません。
   特別活動の一覧は「学習の手引き」p25にあります。
  ②放送を視聴し、「放送視聴報告票」を提出することにより特別活動出席時数の
   一部として認められます。

試験

     1 定期試験
   ①日程 
    試験は前期と後期それぞれ2週にわたって行われます。日曜日は各方部で、月曜日は
    郡山萌世高校のみで行われます。
   ②受験科目の制限
    《試験1週目に受験できる科目》・・・試験1週目に実施する科目のみ
    《試験2週目に受験できる科目》・・・全部の科目
    <注意>ただし1週目に実施した科目は80点満点になります。
    《1日に受験できる科目数》・・・6科目まで
   ③定期試験の延期
    やむをえない事情で定期試験を受験できない場合は、当日までに郡山萌世高校に連絡し、
    「定期試験延期願」を提出してください。認められた者に限って試験を延期することができます。
     <注意>延期した試験は郡山萌世高校で実施します。
         延期試験で受験した科目は80点満点になります。


  2 再試験
    定期試験の成績が不良で、教科担任から指示された場合には、再試験を受験しなければ
    なりません。
    ただし、再試験の得点はその科目の合格点までしか認められません。
     <注意>再試験は郡山萌世高校で実施します。

  3 単位追認試験
    定期試験の成績が著しく不良で評定1と判定された場合、日頃の学習態度が良ければ、
    願いにより「単位追認試験」を受けることができます。
     <注意>単位追認試験は郡山萌世高校で実施します。


  試験の準備
  1 各科目の「年間学習計画表」(学習の手引きp30~)を見て、試験範囲を確かめ、
    自分の計画を作りましょう。

  2 試験が近くなったら、前期・後期の定期試験の前に発行される「萌世通信」「○○試験、
    ここがポイント!」を見て、しっかり学習してから試験に臨みましょう。

  試験のときは
    試験のときは、必ず身分証明書を提示してください。本人であることが確認できない場合、
    受験できません。

  1 遅刻をしないように、十分にゆとりをもって登校しましょう。
    (試験の日には「朝のつどい」はありません。)

  2 5分前までには受験科目の教室に入り、次の『受験上の注意』をよく守って監督者の指示に
    従い、テストを受けましょう。開始3分前の試験出席カード配付までに入室していないと
    受験はできません。

  『受験上の注意』
  ① 遅刻は絶対にしない。3分前に入室すること。
  ② 机は逆向きにして受験する。
  ③ 不正行為やその他の類似行為は絶対にしない。
  ④ 携帯電話は電源を切り、教科書・レポート・筆入れ等の荷物と一緒に鞄の中にしまう。
  ⑤ 机の上には、身分証明書・バーコードシール・鉛筆・消しゴム以外は置かない。
  ⑥ 試験の途中での退出は認めない。
  ⑦ スマートウオッチの使用は禁止する。